県内感染者2人死亡、死者16人に 4日の新規発表はゼロ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は4日、県内の医療機関に入院していた新型コロナウイルスの感染者2人が死亡したと発表した。県内の死者は16人になった。

 2人はいずれも65歳以上で基礎疾患があった。それぞれ5月29、31日に医療機関から報告があった。

 また、これまでの感染者のうち新たに1人が、英国で最初に変異が確認されたアルファ株だったと発表した。

 新規感染の発表は2日ぶりになかった。

秋田の最新ニュース