20年の県内出生数4499人 過去最少を更新

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 厚生労働省の人口動態統計によると、2020年に秋田県内で生まれた赤ちゃんの数(出生数)は前年より197人少ない4499人だった。14年連続の減少で、1899年の統計開始以降初めて5千人を割った19年に続き、過去最少を更新した。

 女性1人が生涯に産む子どもの推定人数を示す合計特殊出生率は、前年を0・01ポイント下回る1・32で全国38番目。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 439 文字 / 残り 268 文字)

秋田の最新ニュース