米ユナイテッドが超音速機運航へ 東京と米西海岸を6時間

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
米ブーム・スーパーソニックの超音速機のイメージ(同社提供・AP=共同)
米ブーム・スーパーソニックの超音速機のイメージ(同社提供・AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米ユナイテッド航空は3日、米新興企業ブーム・スーパーソニックが開発する超音速機を購入する契約を結んだと発表した。2029年の商業運航を見込む。現在は約10時間かかる東京と米西海岸サンフランシスコを6時間で結ぶという。

 米メディアによると実現すれば「コンコルド」が03年に退役して以来の超音速飛行となる。

 ブームの超音速機は速度がマッハ1・7と、現状で最も速い旅客機と比べ2倍。ユナイテッドは安全基準を満たした上で15機を購入し、オプションとして35機の追加購入を計画している。購入額は明らかにしていない。