由利本荘市のワクチン「年齢高い順」 7月中旬から年代ごと

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市議会で4日、一般質問が行われ、湊貴信市長ら市当局は、新型コロナウイルスワクチンの64歳以下への接種について、「年齢の高い順に進める」と述べ、7月中旬から年代ごとに区分けして行う方針を示した。

 市は現在、75歳以上を対象に接種を実施。70~74歳には今月15日に接種券を発送。65~69歳には22日に送る。それぞれ数日後に予約受け付けを始め、7月中に接種を完了させるとしている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 436 文字 / 残り 239 文字)

秋田の最新ニュース