今季初出場・三上が見せた! ブラウ、失点直後の同点弾

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―琉球】後半ロスタイム、秋田の三上(右から2人目)がシュートを決めて1―1とする=ソユースタジアム
【秋田―琉球】後半ロスタイム、秋田の三上(右から2人目)がシュートを決めて1―1とする=ソユースタジアム

 サッカー明治安田J2(22チーム)は5日、各地で第17節第2日の7試合を行った。ブラウブリッツ秋田は秋田市のソユースタジアムで琉球と1―1で引き分けた。

 後半ロスタイムに試合が大きく動いた。痛恨の先取点を奪われて敗色濃厚かと思われたが、再開後すぐのプレーで今季初出場のFW三上陽輔がゴールを決め、追い付く勝負強さを見せた。

 試合前の選手紹介の場内アナウンスで「再起を懸ける重戦車」と呼ばれる三上。後半27分に途中出場した。その異名通り、ボールを収めると、相手DFと競り合いながらゴールに突進。同点シュートに持ち込んだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 644 文字 / 残り 384 文字)

秋田の最新ニュース