一般接種、秋田市は「8月開始」 県庁所在地調査、半数未定

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスワクチンを巡り、47都道府県庁所在地のある市区のうち、51%に当たる24市は64歳以下の一般接種の開始時期が決まっていないことが5日、共同通信の調査で分かった。接種券を国の方針通り6月発送としたのは28%(13市区)にとどまり、自治体の多くで準備が追い付いていない実態が浮かんだ。

 調査は5月31日~6月4日、47都道府県庁所在地の市区(東京は新宿)に実施した。

 一般接種の開始時期の見通しを「検討中・未定」と回答した24市は札幌、長野、鹿児島など。これに対し、水戸、神戸、和歌山、新宿の4市区は6月に始めると答えた。佐賀市は「早ければ6月末」。山形、名古屋、京都など11市は7月、秋田、那覇など7市は8月とした。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1035 文字 / 残り 718 文字)