ふるさと納税、仙北市が最多14億 10億突破は県内初

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 2020年度に秋田県仙北市に寄せられたふるさと納税の寄付額が14億5874万円(8万458件)となり、3年連続で過去最多を更新した。県によると、県内自治体で10億円を突破したのは初めて。市は新型コロナウイルスによる巣ごもり需要が増えたことや、登録サイトを増やしたことが大幅増につながったとみている。

 市によると、前年度の19年度(8億2172万円、4万5670件)に比べて金額は6億3702万円(77・5%)、件数は3万4788件(76・2%)増えた。県の3月末時点のまとめによると、寄付額は県内市町村で最も多い。

 返礼品は前年度同様、仙北市産あきたこまちなどのコメが金額ベースで8割以上を占めた。次いでうどんなどの麺類、みそやしょうゆなどの加工品、地ビールで、いずれも額を大きく伸ばした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 873 文字 / 残り 527 文字)

秋田の最新ニュース