TDK快勝、7日に日本選手権懸け決勝 社会人野球東北大会

お気に入りに登録

 社会人野球の第46回日本選手権東北大会第2日は6日、宮城県石巻市民球場で準決勝を行った。秋田県のTDKはトヨタ自動車東日本(岩手)に5―1で快勝し、決勝に進んだ。7日に6年ぶりの日本選手権(29日開幕・大阪、兵庫)出場を懸け、午前9時半から同球場で七十七銀行(宮城)と戦う。

 TDKは二回、先頭の深江が三塁打を放ち、続く齋田の中前打で先制した。五回は1死二塁から北畠の右越え本塁打で2点を追加。六、七回も得点を重ねた。援護を受けた先発の小木田は危なげない投球を続け、4安打1失点で完投した。

秋田の最新ニュース