木下稜介がツアー初優勝 男子ゴルフ、森ビル杯最終日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
通算14アンダーでツアー初優勝を果たした木下稜介=宍戸ヒルズCC
通算14アンダーでツアー初優勝を果たした木下稜介=宍戸ヒルズCC

 ツアー選手権森ビル杯最終日(6日・茨城県宍戸ヒルズCC=7387ヤード、パー71)29歳の木下稜介が首位から4バーディー、1ボギーの68と伸ばし、通算14アンダーの270でツアー初優勝を国内三大大会で飾った。5年シードと賞金3千万円を獲得。

 5打差の2位は69で回った古川雄大、さらに3打差の3位はアマチュアの杉原大河(東北福祉大)と大岩龍一だった。前回覇者の堀川未来夢は通算3アンダーの8位、石川遼はイーブンパーの20位。(出場64選手=アマ2、曇り、気温23・7度、南の風1・8メートル、観衆897人)