日本代表、7日にタジキスタン戦 サッカーW杯2次予選

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
タジキスタン戦に向け、最終調整する昌子(前列左端)ら=パナソニックスタジアム吹田
タジキスタン戦に向け、最終調整する昌子(前列左端)ら=パナソニックスタジアム吹田

 サッカー日本代表は7日午後7時30分から、大阪・パナソニックスタジアム吹田でのワールドカップ(W杯)アジア2次予選でタジキスタン代表と対戦する。既にF組首位で最終予選進出を決めた日本の勝ち点は18で、タジキスタンは同10の2位。日本は6日、試合会場で最終調整した。

 森保監督はオンラインでの記者会見で「経験の浅い選手にもできるだけチャンスを与えていきたい」と意欲的に語った。左脚内転筋に違和感がある大迫(ブレーメン)は欠場の見通しで、オナイウ(横浜M)が追加招集された。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が28位、タジキスタンは121位。