「笑顔になれる大会」願って 聖火リレーに臨むカヌー女子選手

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
由利本荘市で聖火ランナーを務める北嶋さん
由利本荘市で聖火ランナーを務める北嶋さん

 8日に秋田県内でスタートする東京五輪聖火リレー。由利本荘市でランナーを務める本荘高校2年の北嶋咲良(さら)さん(16)=同市=は、カヌー・スプリント競技に打ち込む県内唯一の女子高校生。「お世話になった皆さんに感謝を伝える機会にしたい」と聖火をつなぐその瞬間を待ちわびる。

 リレー会場となるのは、市内を流れる子吉川の下流域。平日の夕方には地元の中学生や高校生がボートやカヌーをこぐ光景が見られる。北嶋さんもいつも練習で訪れる慣れ親しんだ場所だ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 800 文字 / 残り 578 文字)

秋田の最新ニュース