能代科技バスケ、能代工時代から4大会連続V 全県高校総体

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【バスケットボール男子決勝・能代科技―秋田西】第3クオーター、能代科技の木村(右)がシュートを放つ=CNAアリーナ
【バスケットボール男子決勝・能代科技―秋田西】第3クオーター、能代科技の木村(右)がシュートを放つ=CNAアリーナ

 第67回秋田県高校総合体育大会(全県高校総体)最終日は8日、各地で5競技を行った。バスケットボールで男子の能代科学技術が能代工時代を含め4大会連続56度目、女子の湯沢翔北が10大会連続20度目の優勝を果たした。ハンドボールは男女とも湯沢が制し、それぞれ7大会連続40度目、3大会ぶり5度目。弓道団体は男子で本荘が7大会ぶり15度目、女子で新屋が3大会ぶり9度目の頂点に立った。


全県高校総体の特集ページ

秋田の最新ニュース