イングランド会長、初の女性就任 サッカー母国の協会、来年1月

お気に入りに登録

 【ロンドン共同】サッカーの「母国」の競技統括団体で158年の歴史を誇るイングランド・サッカー協会(FA)は8日、新会長に史上初めて女性が就任すると発表した。複数の大手企業で社外代表取締役などを務めてきたデビー・ヒューイット氏が、7人による委員会に満場一致で選ばれた。総会の承認を経て来年1月に着任する。

 FAは昨年11月、英議会の委員会で非白人に対する差別的な発言をした当時のグレグ・クラーク会長が辞任。弁護士のピーター・マコーミック氏が会長代行を務めてきた。

 FAは若年層選手への性的虐待など多くの問題を抱えている。