なでしこ、ウクライナ戦へ調整 全23選手そろう

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ウクライナ戦に向け、調整する岩渕(右)ら=広島市内
ウクライナ戦に向け、調整する岩渕(右)ら=広島市内

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は8日、国際親善試合のウクライナ戦(10日・エディオンスタジアム広島)に向けて広島市内で調整した。田中(レーバークーゼン)の合流で全23選手がそろい、攻守の切り替えを重視したパス回しやシュート練習に励んだ後は非公開とした。

 13日にカンセキスタジアムとちぎでメキシコと対戦し、今月中旬には東京五輪代表18選手が発表される。センターバックの定位置確保を目指す宝田(スピリット)は「ミスを恐れずにチャレンジしたい」と意気込み、守備的MFで代表入りを狙う林(AIK)は「自分のプレーを出すために準備したい」と話した。