仙北・抱返り渓谷にクマ 遊歩道歩く姿目撃

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 8日午前10時20分ごろ、秋田県仙北市角館町広久内の抱返り渓谷の遊歩道に体長約1・2メートルのクマ1頭がいるのを市内に住む50代男性が目撃した。けが人はなかった。

 仙北署によると、橋の工事のため渓谷を訪れた男性が遊歩道を歩くクマを見つけ、署に届け出た。クマは近くの茂みに入っていったという。民家まで約900メートル。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 265 文字 / 残り 106 文字)

秋田の最新ニュース