【能代】山田久志さん「故郷へ恩返しできた」

お気に入りに登録

代表撮影


 能代市出身でプロ野球・阪急の投手として284勝を挙げた山田久志さん(72)=兵庫県西宮市=は第1走者を務め、能代市総合体育館から大町交差点までを駆けた。「思ったより多くの人がいて驚いた。声援を受け、やって良かったなと感じた」

 選手時代から、応援してくれる故郷への恩を感じていた。引退後には、能代球場が「山田久志サブマリンスタジアム」と自身の名を冠した愛称になった。「いつかお返しをしなければという思いは、ずっとあった」と語る。沿道に手を振りながら走り終え、「たくさんの懐かしい顔が見えた。少しでも、恩返しはできたのかな」

 新型コロナウイルス流行下での五輪開催には複雑な思いを抱いている。「同じアスリートとして、選手たちが何のわだかまりもなく力を発揮できれば最高だったのに、と思う」。一方で「今できることを頑張ってもらいたい。技を競ってほしい」と選手にエールを送った。

同じジャンルのニュース