由利本荘市の温泉施設でレジオネラ菌 11日から臨時休業

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市は10日、市有温泉施設「ぱいんすぱ新山」(同市石脇)の女子浴場の大浴槽から、国の基準値を640倍上回るレジオネラ菌が検出されたと発表した。現時点で健康被害は確認されていない。

 市観光振興課によると、由利本荘保健所が今月3日に実施した水質検査で判明した。11日から再検査結果が出るまで7~10日ほど臨時休業する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 301 文字 / 残り 137 文字)

秋田の最新ニュース