農業や介護、金属製品製造、アメカジ…独創的経営3社を表彰

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田銀行のシンクタンク・秋田経済研究所(湊屋隆夫理事長)は10日、2020年度中小企業振興表彰の一般部門に農業支援や調剤薬局、介護事業を展開する「池田」(由利本荘市)と、金属製品製造・加工などを手掛ける「クツザワ」(横手市)、新起事業激励賞に衣料品製造・販売などを手掛ける「デラックスウエア」(大館市)の3社を選んだと発表した。

県内3社の活動をたたえた表彰式


 秋田市のホテルメトロポリタン秋田で表彰式を行い、湊屋理事長が「今後も独創的な経営で本県の産業振興に尽力してほしい」とあいさつ。各社に表彰状と助成金100万円を贈った。

 同表彰は、新製品の開発や特色ある経営で業績を上げ、地域活性化に寄与している中小企業や団体を対象に1979年度から実施。今回を含め表彰を受けたのは124企業・団体に上る。

 表彰を受けた各企業の取り組みと、表彰式での社長のあいさつを紹介する。

池田(由利本荘市) 農業や介護、多角的事業

池田憲亮社長

 近年、新規事業として産業用無人ヘリコプターやドローンによる薬剤散布、高糖度トマトの栽培・加工・販売、食堂を併設した農産物直売所の運営などを行う。昨年は、由利本荘市に三つの施設からなる介護施設エリア「わかばケアビレッジイースト」を開業し、多角的な事業展開で地域経済の振興に貢献している点が評価された。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1400 文字 / 残り 860 文字)

秋田の最新ニュース