【スライドショー】あっという間に駆け抜けた聖火リレー

会員向け記事
お気に入りに登録

サポート企業が配ったタオルを首に巻いてリレーを見守った秋田犬=8日午後、仙北市角館町


 東京五輪聖火リレーが8日と9日の2日間、秋田県内で行われた。14市町村で180人のランナーがつないだ道を写真で振り返る。

 県南部の聖火リレーは8日、スタート地点の湯沢市を皮切りに横手市、美郷町、大仙市、仙北市の計5市町で行われ、69人が走った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 313 文字 / 残り 190 文字)

聖火リレーに関するニュースはこちら

秋田の最新ニュース