男鹿・雲昌寺のアジサイ 12日から観覧開始

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
色づき始めた雲昌寺のアジサイの観覧を呼び掛ける古仲副住職
色づき始めた雲昌寺のアジサイの観覧を呼び掛ける古仲副住職

 「アジサイ寺」として知られる男鹿市北浦北浦の雲昌寺(うんしょうじ)で12日から、アジサイの観覧が始まる。花は徐々に咲き始めており、下旬にかけて見ごろを迎えそう。古仲宗雲(しゅううん)副住職(51)は「美しい青色の花を見て元気をもらってほしい」と呼び掛ける。

 昨年は新型コロナウイルスの感染対策として手指消毒やマスクの着用を呼び掛け、観覧は県内在住者に限定。駐車場の台数も例年の3割程度に減らして対応した。コロナ前の2019年は5万人超の来場があったが、昨年は約3万5千人だった。

 今年も同様のコロナ対策を実施することに加え、特に観覧者同士の距離の確保を重点的に呼び掛ける。駐車場は県道55号沿いと浮田商店隣接地に約130台分を用意する。

 観覧は7月18日まで。今年は2年ぶりに夜間のライトアップも実施する。拝観は午前9時~午後5時(最終入場4時半)、拝観料500円。夜間のライトアップは午後6時45分~9時半(同9時)、拝観料千円。中学生以下無料。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 718 文字 / 残り 293 文字)

秋田の最新ニュース