アシカの子、生まれたよ! GAOでの出産は初

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
赤ちゃんを出産したたんぽぽ(奥)=男鹿水族館GAO提供
赤ちゃんを出産したたんぽぽ(奥)=男鹿水族館GAO提供

 男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市戸賀)は11日、妊娠中だったカリフォルニアアシカの「たんぽぽ」(8歳)が雌の赤ちゃんを出産したと発表した。雄のトン吉(10歳)との子で、GAOでアシカの赤ちゃん誕生は初めて。

 朝、出勤した飼育員が赤ちゃんが誕生していることを確認した。たんぽぽは夜は寝小屋と呼ばれる展示室裏側のスペースで過ごしており、10日夜から11日朝にかけて出産したとみられる。

 出産間もないため、GAOではたんぽぽと赤ちゃんは当面展示を控え、公開時期は親子の様子を見ながら判断する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 382 文字 / 残り 139 文字)

秋田の最新ニュース