時代を語る・藤井けい子(6)同好会で角館を学ぶ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
角館の古城山で社会科同好会のメンバーと(左端)=昭和41(1966)年
角館の古城山で社会科同好会のメンバーと(左端)=昭和41(1966)年

 進学した角館高校は男女共学。近くには女子校の角館南高校(統合した現角館高校)もありましたが、そちらは一度も考えませんでした。中学の時は女の子同士でおしゃべりするより、男の子たちとわいわいやっている方が多かったですから。

 最初のうちは自転車通学でした。バス通りは砂利道で砂ぼこりがひどいため、山の中の道を通っていました。学校まで30分。坂道がきつくて嫌になります。バスはバスで酔ってしまう。冬場を除けば、どちらで行くかはその日の気分次第でした。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 736 文字 / 残り 514 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース