ニホンジカ目撃55頭、20年度 白神山地、雌の生息初確認

会員向け記事
お気に入りに登録

 国と秋田、青森両県などでつくる「白神山地世界遺産地域連絡会議」は11日、白神山地周辺でのニホンジカの目撃情報について、2020年度は47件55頭で、前年度より10件15頭増えたと発表した。14年度の調査開始以来初めて雌の生息が確認された。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 319 文字 / 残り 199 文字)

秋田の最新ニュース