フブキ「ちっちゃい」「かわいい」 親子の姿に歓声、GAO

会員向け記事
お気に入りに登録

 男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市戸賀)で生まれた雄のホッキョクグマの赤ちゃんの名前が「フブキ」に決まり、一般公開されて最初の週末となった12日、愛くるしい姿を一目見ようと、多くの来館者が訪れた。おもちゃで遊んだり、母乳を飲んだりするフブキの一つ一つの行動に、「ちっちゃい」「かわいい」と歓声が飛び交った。

横になったユキの母乳を飲むフブキ(右)


 この日のフブキは朝から活発に動き回り疲れてしまったのか、母親のユキ(21歳)にせがんで母乳を飲んだ後は親子そろってのんびり昼寝。起きてからもユキにぴったりくっついて歩いたり、じゃれ合ったりしていた。勢いよくプールに飛び込み、ユキと一緒に泳ぐ姿も見られた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 536 文字 / 残り 256 文字)

イベントニュース