オリックス、11年ぶり優勝 セ・パ交流戦、2度目

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
広島に勝利し、決勝三塁打を放った福田(4)を迎えるオリックス・中嶋監督(左端)ら=京セラドーム
広島に勝利し、決勝三塁打を放った福田(4)を迎えるオリックス・中嶋監督(左端)ら=京セラドーム

 2年ぶりに開催されたプロ野球の「日本生命セ・パ交流戦」は12日、首位オリックスが広島に3―2で勝ち、優勝の可能性が残っていた中日、DeNA、楽天が敗れたため、11年ぶり2度目の優勝が決まった。オリックスには賞金3千万円が贈られる。

 交流戦は16日に全日程が終了し、セ、パ両リーグ同士の対戦は18日から再開する。