ルポ:ドーム滞在49分「本当にスムーズ」、大館の集団接種

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 ニプロハチ公ドームを会場とする秋田県大館市の高齢者向け新型コロナウイルスワクチン接種が12日始まった。1日約4千人という県内最大規模の集団接種は、どのような流れで行われ、どの程度の時間を要するのか。接種を受けた市内の男性に同行した。

ドームに入り、スタッフに案内される


 午後0時20分 大館市片山の佐藤忠夫さん(79)が、市立総合病院前でシャトルバスに乗車した。接種予約は2時半とあって「ちょっと早すぎたかな」。自宅からは妻に車で送ってもらった。「会場の駐車場を使えないとすれば、この方法が一番便利かなと思った」

 0時半 バスが14人を乗せて出発。

 0時48分 バスがニプロハチ公ドーム前に到着。

 0時51分 ドームに入場し、検温を受ける。「予定よりかなり早いけど、待たされずに受けさせてほしいな」

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 750 文字 / 残り 417 文字)

秋田の最新ニュース