白神山地の地滑り、80年代から集中 弘前大グループが調査

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
白神山地のブナ林で地滑り発生歴を調査する弘前大の研究者ら=2019年7月、青森県西目屋村(弘前大提供)
白神山地のブナ林で地滑り発生歴を調査する弘前大の研究者ら=2019年7月、青森県西目屋村(弘前大提供)

 青森、秋田両県にまたがる白神山地について、世界遺産登録区域の多くで地滑り跡があるとして、弘前大研究グループが1950年代以降の一部区域の発生頻度を調べ、80年代から2007年までに集中していたとの調査結果をまとめた。

 中心的に関わった農学生命科学部の鄒青■助教(40)は「想定より多かった」と指摘。急に暖かくなると大量に雪が解け地面が滑りやすくなるなど、気象要因との関連を調べる。森林保全や防災向上に向け関連機関へのデータ提供も検討する。

※ ■はへんが「ヒ」の下に「禾」、つくりが「頁」

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 542 文字 / 残り 298 文字)

秋田の最新ニュース