教育2021:統廃合の行方(下) 小規模校での学びの可能性

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 少子化を背景に、学校統廃合が進む秋田県内。小規模校が次々と姿を消す中で、存続の手だてを探る事例もある。このまま統廃合を進めていくのか。ほかに道はないのだろうか。

 小規模校でのよりよい学びを模索する自治体が県内にある。

授業中、佐藤教諭(右)に授業の状況を報告する吉田教諭


 4月末、北秋田市の阿仁地域にある大阿仁小学校(児童17人)。5、6年生計8人が同じ教室で算数の授業を受けていた。吉田聖子教諭(58)が5年生に問いを投げ掛け、児童が答える。それと同時進行で、6年の児童には担任の佐藤範敦教諭(51)が教えていた。

北秋田市、複式学級指導専門の「特任教諭」導入


 吉田教諭は県内でも北秋田市にしかいない「小規模校特任教諭」。小学校の複式学級での指導を専門とする。

 吉田教諭と担任の佐藤教諭は2人で一緒に複式学級を指導している。授業中の子どもの「待ち時間」や学びのむらをなくすためだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 2046 文字 / 残り 1682 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース