なでしこ、メキシコに快勝 サッカー女子国際親善試合

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本―メキシコ 後半、チーム5点目のゴールを決める遠藤(12)=カンセキスタジアムとちぎ
日本―メキシコ 後半、チーム5点目のゴールを決める遠藤(12)=カンセキスタジアムとちぎ

 サッカー女子の国際親善試合は13日、カンセキスタジアムとちぎで行われ、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング11位の日本は同28位のメキシコに5―1で快勝した。

 日本は前半に岩渕(アーセナル)が先制し、後半早々に田中(レーバークーゼン)が加点。2―1となった後、籾木(レイン)や途中出場の木下、遠藤(ともに日テレ東京V)が得点した。

 合宿は16日まで続き、その後、東京五輪に臨む18人のメンバーが発表される。今月下旬からは千葉市で強化合宿が予定されている。