ロケットの仕組み、分かったかな 能代で工作イベント

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
作製した紙筒ロケットを飛ばし、的当てを楽しむ子どもたち
作製した紙筒ロケットを飛ばし、的当てを楽しむ子どもたち

 子どもたちに宇宙に親しんでもらうイベントが12、13の両日、秋田県能代市大町の市子ども館で開かれた。親子連れが紙筒ロケットを作り、宇宙への興味を深めた。

 紙筒ロケットは、トイレットペーパーの芯に取り付けた輪ゴムを割り箸で引っ張って飛ばす仕組み。12日は千羽正人館長が「羽があると飛行が安定する。実際に付けてみよう」などと、ロケットが飛ぶ仕組みを解説しながら作り方を指導した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 391 文字 / 残り 203 文字)

秋田の最新ニュース