ブラジル白星発進 サッカー南米選手権が開幕

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ベネズエラ戦で得点に喜ぶブラジルのネイマール(10)ら=ブラジリア(ロイター=共同)
ベネズエラ戦で得点に喜ぶブラジルのネイマール(10)ら=ブラジリア(ロイター=共同)

 サッカーの南米選手権は13日、ブラジリアで開幕し、1次リーグB組の地元ブラジルがネイマールのPKによる得点などでベネズエラに3―0と快勝し、白星発進した。同組のコロンビアはエクアドルに1―0で勝った。

 大会は10チームが2組に分かれて1次リーグを戦い、各組の上位4チームが準々決勝に進む。決勝は7月10日にリオデジャネイロで行われる。

 今大会は当初コロンビアとアルゼンチンによる共催の予定だったが、新型コロナウイルス禍で直前に取りやめ、ブラジルでの開催が決まった。(共同)