五輪、追加2万人分ワクチン確保 国内報道陣も接種へ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン
米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 東京五輪・パラリンピックの国内の大会関係者向けに、新型コロナウイルスワクチンを追加で約2万人分確保できる見通しとなったことが14日、分かった。米製薬大手ファイザーから日本の選手団や関係者向けに約2万人分の無償提供が既にあり、今回の追加で計約4万人分となる。複数の関係者が明らかにした。

 大会組織委員会は14日、国内の報道関係者に対し、ファイザーのワクチン接種を開始することを各社に通知した。取材許可証の取得が前提で、日本在住の海外メディアも対象となる。東京都が大会関係者などへの接種会場として18日から運用する都庁の展望室で対応する。