夏本番、エアコンで快適に 適切な使い方、選び方は?

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 間もなく夏本番―。秋田地方気象台は、東北地方の今夏の気温を「平年並みか高い」と予想しており、暑さ対策は万全にしておきたい。近年は熱中症対策としてエアコン(冷房)の使用も推奨されるが、電気代など気になる点も。秋田市内の電器店にエアコンの適切な使い方や選び方のポイントを聞いた。

 100種類以上のエアコンが並ぶケーズデンキ秋田中央店(秋田市八橋南)では、例年6月下旬ごろからエアコン需要が急増する。販売員の松本彰一さんは「2、3日暑さが続くと、設置工事の注文が殺到します」とし、早めの相談を呼び掛ける。

エアコンが並ぶ秋田市のケーズデンキ秋田中央店(画像の一部を加工しています)


 ■買い替え時の注意
 新たに購入する際、現在使っている機種情報を店に伝えるとやりとりがスムーズだ。室内機に記された型式の番号やプラグの形状、室外機の設置場所をメモや写真を通じて店員に伝えるとよい。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1209 文字 / 残り 861 文字)

秋田の最新ニュース