東林院「沙羅双樹の花」が見頃 京都・右京区、公開始まる

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「沙羅双樹の花」が見頃を迎え、東林院で始まった「愛でる会」=15日午前、京都市
「沙羅双樹の花」が見頃を迎え、東林院で始まった「愛でる会」=15日午前、京都市

 「祇園精舎の鐘の声…」で有名な平家物語の一節に、はかなさの象徴として登場する「沙羅双樹の花」が京都市右京区の東林院で見頃を迎え、特別公開が15日、始まった。30日まで。

 日本で沙羅双樹として知られているのはナツツバキで、白い花が朝に咲いて夜には散る。平家物語では「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」と記された。

 公開は毎年恒例の「愛でる会」。有料で抹茶や特製菓子が付く。これ以外の期間は非公開という。