秋田市64歳以下、6月末から接種 施設職員、教職員を先行

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所(資料写真)
秋田市役所(資料写真)

 64歳以下の人を対象とした新型コロナウイルスワクチンの一般接種について、秋田市は15日、6月末から高齢者施設の職員や学校の教職員を対象に先行実施する方針を明らかにした。8月からは基礎疾患のある人を優先して順次接種を進め、10月中の完了を目指す。同日開かれた市議会6月定例会の一般質問で伊藤善信市保健所長が答えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 599 文字 / 残り 442 文字)

秋田の最新ニュース