能代港の洋上風車打設音 「影響低減に努める」と市長

会員向け記事
お気に入りに登録

 能代市の斉藤滋宣市長は15日、市議会の一般質問で、能代港湾区域で行われている洋上風車の基礎工事でくいを打設する際の音に市民から苦情が寄せられていることを受け、「港湾管理者の県や事業者と意見交換を行い、市民への影響が低減されるよう努める」と述べた。

 くいの打設は5月12日から28日まで6カ所で行われ、現在は秋田港での作業のため中断中。14カ所が残っており、今月下旬に再開する予定。市にはこれまで打設音に対する苦情や問い合わせが12件寄せられた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 305 文字 / 残り 82 文字)

同じジャンルのニュース