14日の県南部突風被害 気象台が現地調査

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
突風とみられる被害があった場所を調査する気象台の機動調査班=15日午後0時10分ごろ、横手市平鹿町
突風とみられる被害があった場所を調査する気象台の機動調査班=15日午後0時10分ごろ、横手市平鹿町

 秋田地方気象台は15日、県南部で14日に突風が原因とみられる建物被害などが相次いだことを受け、現地に機動調査班10人を派遣した。被害が確認された横手、湯沢、羽後の3市町を調査し、原因の特定に向けて情報の分析を進めている。

 トタン屋根の剥離や小屋の倒壊があった横手市では機動調査班の4人が調査。住民から14日の風雨の強さや降ひょうの状況を聞き取った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 384 文字 / 残り 209 文字)

秋田の最新ニュース