誹謗中傷、家族の施設利用拒否… コロナ差別、悩む医療現場

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県内で新型コロナウイルス感染症の対応に当たる医療機関や医療従事者が、周囲からの差別的な言動に悩まされるケースが後を絶たない。思い悩んで離職を考える医療従事者もおり、国や自治体、医師会は市民に配慮ある行動を求めている。

 「心ない言動は決して許されるものではない。どうか思いやりのある冷静な行動を取っていただきたい」。先月24日、男鹿市の菅原広二市長は市議会全員協議会の冒頭、市民に向けて、こう呼び掛けた。

 男鹿市では先月に男鹿みなと市民病院でクラスター(感染者集団)が発生。感染に歯止めがかからない状況下、菅原市長は、市内でも医療従事者や感染者らに対する差別的発言が散見されるとしてメッセージを発した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1463 文字 / 残り 1160 文字)

秋田の最新ニュース