5月輸出、41年ぶりの伸び コロナ反動で49・6%増

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
海外に向け輸出を待つ車=2020年8月、川崎市の東扇島物流センター
海外に向け輸出を待つ車=2020年8月、川崎市の東扇島物流センター

 財務省が16日発表した貿易統計(速報、通関ベース)によると、5月の輸出は前年同月比49・6%増の6兆2613億円だった。増加は3カ月連続で、1980年4月の51・4%に次ぐ41年ぶりの大きな伸びとなった。新型コロナウイルス感染拡大により経済活動が停滞した前年の反動増で、自動車や自動車部品が大幅に伸びた。

 輸入は27・9%増の6兆4484億円となり、4カ月連続の増加となった。前年同月と比べて原油価格が大きく上昇したことに加え、ベルギーからの新型コロナワクチンが押し上げた。

 輸出から輸入を差し引いた貿易収支は1871億円の赤字だった。赤字は4カ月ぶり。