元事務局長が9千万円横領か 石綿被害救済のNPOが告訴

お気に入りに登録

 アスベスト(石綿)による健康被害問題に取り組むNPO法人「じん肺アスベスト被災者救済基金」(神奈川県横須賀市)は16日、元事務局長の男性(65)=横浜市鶴見区=が資金約9千万円を着服したと発表した。法人は業務上横領容疑で男性を告訴、県警横須賀署は同日、受理した。

 法人によると、2011年の事務局長就任以降、経理事務を1人で担当。昨年6月の総会で決議した神奈川県内の団体に対する2千万円の出資が滞り、説明を求めたところ横領を認めた。法人は同9月、男性を解任した。

 銀行口座の残高証明を改ざんするなどして、総会で約1億円の資金があるように装っていた。