おこしやす京都がJ1広島を撃破 サッカー天皇杯

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
広島―おこしやす京都 後半、チーム4点目のゴールを決め駆けだす、おこしやす京都・林(右から2人目)=Eスタ
広島―おこしやす京都 後半、チーム4点目のゴールを決め駆けだす、おこしやす京都・林(右から2人目)=Eスタ

 サッカーの第101回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は16日、エディオンスタジアム広島などで2回戦の残り6試合が行われ、関西1部リーグのおこしやす京都(京都)がJ1広島に5―1で大勝した。J3八戸(青森)はJ1の横浜FCを2―1で破った。

 他のJ1勢は勝ち上がり、G大阪は関学大(兵庫)を3―1で下し、神戸は4―0で鈴鹿ポイントゲッターズ(三重)に快勝。鹿島はYS横浜(神奈川)を8―1で圧倒し、J2対決では岡山が東京Vに1―0で勝った。3回戦は7月7日に行われる。