大潟村に選手用ボート到着 五輪デンマーク代表、20日から合宿

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
村ボートセンターに運び込まれたボート
村ボートセンターに運び込まれたボート

 東京五輪ボート競技のデンマーク代表チームが事前合宿を行う秋田県大潟村に16日、練習や大会で使用するボートが到着した。漕艇(そうてい)場には応援看板も設置されるなど、受け入れ準備が進んでいる。

 村教育委員会によると、ボートは4月にデンマークから船便で搬送し、今月東京に到着。陸路で大潟村に運ばれ、16日午前10時半ごろに村に到着した。

 すぐ近くの漕艇場には15日「あなたたちの力を見せてくれ!」「大潟村はデンマークボートチームを応援しています」などと英語で書かれた長さ10メートルの看板も設置された。

 デンマーク代表チームは選手9人、スタッフ5人の計14人。大潟村に20日~7月18日の約1カ月間滞在し、大潟漕艇場と村ボートセンターで本番に向けて調整する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 500 文字 / 残り 172 文字)