イケメン「リヒト」初代王者に 大森山動物園で人気投票

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市浜田のあきぎんオモリンの森(大森山動物園)が実施した展示動物の人気投票「どうぶつの園長☆決定戦」で、ユキヒョウ「リヒト」(雄、5歳)が初代王者に輝いた。リヒトは「どうぶつの園長」に任命され、就任記念のパネル展が開かれている。

 人気投票は4月29日~5月5日に行われた。投票対象は飼育員が推薦したコツメカワウソやレッサーパンダなど12種類。期間中、園内には「癒やし系肉食獣男子」など立候補した動物たちをPRする選挙ポスターも掲示された。

 総投票数230票のうち、「リヒト」は67票を獲得。2位はレッサーパンダ「かんた」で36票、僅差の35票でコツメカワウソ「キトラ」が3位となった。4位はフンボルトペンギン「おださん」(15票)、5位はカピバラの「落花生」とキリンの「ケイタ」が11票で並んだ。

 リヒトの優勝について、動物園の担当者は「女性飼育員から『イケメン』と評されるりりしい顔つきとふわふわしたしっぽのギャップが大きいのでは」と人気の理由を推し量る。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 786 文字 / 残り 355 文字)

秋田の最新ニュース