秋田市の楽器店、琴ウェブ稽古始めます! 市内の中学生対象

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「通常の営業が難しい中、新しい挑戦をしたい」と語る梅原さん
「通常の営業が難しい中、新しい挑戦をしたい」と語る梅原さん

 秋田市中通の梅屋楽器店(梅原久史社長)が、市内の中学1、2年生を対象に琴のオンライン稽古を始める。琴や教材一式を無料で貸し出し、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」で琴の指導を行う。

 社長の梅原さん(46)は3年ほど前から秋田市内の中学校を訪れ、音楽室にある和楽器のメンテナンスを行ってきた。「子どもたちが和楽器と接する最初の場面は音楽の授業。そこで耳にする音の第一印象を大切にしたい」。子どもたちに琴の魅力を伝え、日本の伝統文化に触れる機会を増やそうと、今回の稽古を企画した。

 初回稽古は7月を予定しており、現在メンバーを募集している。稽古は週2回で、琴などの教材一式は梅屋楽器店が貸し出す。問い合わせは梅屋楽器店TEL018・837・6151

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 674 文字 / 残り 348 文字)

秋田の最新ニュース