名所解説のQRコード付き標柱、拡大中 大館市、68カ所に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「白沢御膳水」の前に立つ標柱
「白沢御膳水」の前に立つ標柱

 秋田県大館市内の名所旧跡を解説する「どこでも博物館」の標柱設置が進み、2020年度までに68カ所になった。標柱のQRコードをスマートフォンなどで読み込むと、その場で詳しい解説を得られる仕組み。市内全域を博物館に見立てて回遊してもらうのが狙いだ。市と連携して事業を進める大館商工会議所は「市内に多くの見どころがあることをアピールしたい」としている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 705 文字 / 残り 531 文字)

秋田の最新ニュース