五輪観客、1万人で検討の意向 「政府方針が基本」と橋本氏

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京五輪・パラリンピック組織委の新型コロナウイルス対策専門家会議であいさつする橋本聖子会長=18日午前、東京都中央区(代表撮影)
東京五輪・パラリンピック組織委の新型コロナウイルス対策専門家会議であいさつする橋本聖子会長=18日午前、東京都中央区(代表撮影)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長は18日、組織委の新型コロナウイルス対策専門家会議の冒頭で、東京大会の観客数上限について「政府の方針の下で運営することが基本だ」と述べた。まん延防止等重点措置の解除後1カ月程度は、大規模イベントの参加人数を最大1万人とする政府方針に基づいて検討する意向を示した。

 組織委の中村英正大会開催統括は18日、組織委の専門家会議会合後の記者会見で、観客向けのガイドラインの素案を公表した。人の流れを抑制する観点から会場への直行、会場からの直帰、会場内でのグループ飲食を控えることなどを盛り込んだ。