日銀、気候変動対応を後押し 新たな資金供給策、年内導入

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
金融政策決定会合を終え、記者会見する日銀の黒田総裁=18日午後、日銀本店(代表撮影)
金融政策決定会合を終え、記者会見する日銀の黒田総裁=18日午後、日銀本店(代表撮影)

 日銀は18日、気候変動問題に対応する民間金融機関の投融資を促進するため、資金を有利な条件で供給する新たな仕組みを年内をめどに導入すると決定した。黒田東彦総裁は会合後に開いた記者会見で「金融政策面で気候変動への対応を支援する新たなアプローチだ」と強調した。骨子素案を7月の次回金融政策決定会合で公表する。

 日銀は7月の金融政策決定会合以降に、気候変動に対する金融政策以外の日銀としての取り組み方針を公表する予定。

 黒田総裁は会見で、気候変動問題は「中長期的に経済、物価、金融情勢に極めて大きな影響を及ぼしうる」と指摘した。