藤井聡太棋聖、初防衛に王手 将棋、渡辺明三冠に2連勝

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第92期棋聖戦5番勝負の第2局で、渡辺明三冠(左手前)に勝利した藤井聡太棋聖=18日午後、兵庫県洲本市(代表撮影)
第92期棋聖戦5番勝負の第2局で、渡辺明三冠(左手前)に勝利した藤井聡太棋聖=18日午後、兵庫県洲本市(代表撮影)

 将棋の藤井聡太棋聖=王位との二冠=(18)に渡辺明三冠(37)が挑む第92期棋聖戦5番勝負の第2局は18日、兵庫県洲本市で指され、171手で先手の藤井棋聖が勝ち、2連勝で初防衛にあと1勝と迫った。

 第3局は7月3日、静岡県沼津市で行われる。藤井棋聖が第3局に勝てば、タイトル3期目の獲得となり、規定により九段に昇段。18歳11カ月での九段昇段は、渡辺三冠の21歳7カ月を抜いて史上最年少記録となる。

 対局は序盤研究が進む「相掛かり」の戦型になり、中盤までほぼ互角の形勢で進んだ。終盤に入り、藤井棋聖は持ち時間が先に少なくなったが、巧みな攻防で大熱戦を制した。