石川2年ぶり3連勝 6回2失点の好投、41歳「ギア上げた」

会員向け記事
お気に入りに登録

ヤ5―2中(18日) ヤクルトが4連勝

 梅雨らしい蒸し暑さにも負けず、41歳のベテランが懸命に腕を振った。ヤクルトの石川が6回2失点の好投で自身2年ぶりの3連勝。「チームは交流戦をいい形で終えたので、リーグ再開初戦も何としても勝ちたかった。最高」と気持ちよさそうに汗を拭った。巨人が敗れたため、ヤクルトは単独2位となった。

6回、中日・堂上を二ゴロ併殺に打ち取り、ガッツポーズのヤクルト・石川=神宮


 2本のソロ本塁打を浴びたが、全ての回で先頭打者を抑えて崩れる気配はなかった。「ギアを上げた」と語ったのは同点の六回、村上の失策で1死一塁となった場面だ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 588 文字 / 残り 350 文字)

同じジャンルのニュース