地方点描:新庁舎[角館支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 仙北市役所の新角館庁舎は、業務が始まって間もなく半年が経過する。延べ床面積4071平方メートルの2階建てで、総事業費は24億5千万円。正面がガラス張りで開放感がある。

 庁舎統合を巡って議論が二転三転した末、分庁舎方式を維持する形で昨年12月にオープン。使い勝手はいかがなものか。ある職員は角館に市民福祉、建設、観光文化スポーツ、農林商工の4部が集約されたことで「ある程度情報共有はしやすくなった」と話す。市民の中には「駐車場が広く行きやすい」という人もいれば、「庁舎間の移動が不便」という人も。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 637 文字 / 残り 389 文字)

秋田の最新ニュース